よくある質問 FAQs

【参加基準について】

Q. ジェット、マッハ両コースの参加基準はそれぞれTOEIC550、TOEIC700となっていますがTOEIC以外のスコア提出は可能でしょうか?

A. もちろん可能です。

TOEIC以外のスコアをご提出下さい。と同時にスカイプ面談にてご自身の英語力、コミュニケーション能力を拝見させて頂きます。

Q. 英語は好きで勉強も続けていますが現時点ではコース参加への英語力に達していないと思います。参加基準スコアが取得できるまで待つべきでしょうか?

A. 渡豪時点で参加基準の英語力あるいは英語スコアをお持ちでない場合はコース開始前に事前に現地にて英語研修を受けて頂くことを条件として参加可能です。その後インターンシップ開始前に英語研修を設けているジェットコースへの参加をお勧めします。

【プログラム内容について】

Q. 空港でのインターンシップ業務はどのような内容でしょうか?

A. ブリスベン空港での業務は国際線及び国内線両ターミナルでの早朝から午後3時頃までの週末を含むシフト制となり利用客層の観点からも様々な業務に従事することができ両施設を利用する世界各国から来豪する乗降客やビジネスで各都市、各国を訪れるオーストラリア人など全てのお客様へのカスタマーサービスとなります。

具体的にはインフォメーション・デスクや到着・出発チェックインカウンターがあるエリアにて空港利用客の皆様や同僚スタッフとの下記業務・対応が含まれます:

  • 空港施設及び空港施設内サービスのご案内や誘導

  • 日本人旅行者あるいは空港利用者への日本語案内や誘導

  • 自動チェックイン機操作のお手伝い(航空会社の管轄となりますので補佐的となります)

  • Brisbane Airport Corporation Webプログラムを活用しての紛失物対応

  • ブリスベン及びオーストラリア観光案内及び関連する情報提供

  • お客様の要望に応じた宿泊施設・アトラクション・交通機関等の情報提供

  • 空港内パンフレットの管理

  • メール及び電話応対

  • 空港ボランティア・スタッフとの連携

  • 定期的なチームミーティング

Q. どのような経験やスキルが求められますか?

A. 空港インターンシップの総括責任者からは下記の条件が提示されていますが、インターンシップを通して培われていくスキルや知識もありますし、インターンシップを通しての成長が当社プログラムの重要な目的の一つでもありますので、見方を変えればインターンシップ修了後にしっかりと身に付けることができるスキルとも言えます:

  • 英語での顧客対応ができ、かつ英語以外の言語が話せる

  • やる気と積極性、仕事への情熱がある

  • 初対面の方々への対応ができる

  • チームの一員として協力できる姿勢と能力

  • タイムマネジメントができる

  • 一般的なコンピューターの知識

  • クイーンズランド州南部及びオーストラリアの地理の知識

  • 顧客サービスの知識と理解

  • プロ意識を持ち常に企業イメージ向上を図れる

  • 労働安全や衛生面を含む職場倫理を持っている

  • アルバイトも含めたホスピタリティ(飲食業、ホテル、観光)系での勤務経験

  • 英語環境での職場への理解と柔軟性、適応能力

【ホームステイ及び交通手段について】

Q. ホームステイからシェアハウスなどプログラム期間中での滞在先変更は可能でしょうか?

A. 可能です。

当社事前手配のホストファミリー宅での最短滞在期間は4週間で、その間にご予算に合うシェアハウス等をインターネットや英語研修校での掲示板等で探すことも可能です。滞在先変更の際は既にお支払い済みのホームステイ総費用より滞在された分を差し引いたホームステイ未滞在分残金を豪州ドルにて現地で返金致します。

Q. 最初からホームステイしか選択肢はないでしょうか?ブリスベンに既に友人が滞在していてできればそこに滞在したいのですが。

A. 可能です。

事前にその旨をお伝え下さい。

Q. ホームステイ先からの通学や研修先までの交通手段とおよその所要時間、交通費等を教えて下さい。

A. ブリスベンの交通事情と安全面等を考慮すると移動は主にバスをお勧めします。

英語研修先までは40~60分、空港までは60~90分圏内に位置するホストファミリー宅をできる限り優先して手配しています。交通費は距離的に遠くなる空港までで往復一日約$8、週5日で$40、日本円為替レート90円換算で週におよそ3,600円となります。

ちなみにブリスベンではバス利用の際にGo Cardと呼ばれる日本でいうJRのSuicaのようなカードを使用します。Go CardもSuica同様、事前にカードに入金をしバス乗車時と降車時にバス車内の乗降口に設置されている機械にカードをタッチさせて読み込ませると料金が自動的に引き落としされる仕組みとなります。

このGo Cardを利用することで毎回わざわざチケットを買う必要がなくなり通常のシングルチケットよりも30%ほど割安となります。またこのカードでバス以外にも電車やブリスベン川の交通手段でもあるフェリーにも共通して使えます。

Go Cardのお得な使い方ですが同じ週の月曜日から日曜日までの間に片道を1回として合計10回搭乗するとその週の11回目からの乗車は無料となり、例えば月曜から金曜日まで英語研修のために通学で使用したり空港までの往復で利用した場合10回の搭乗後は週末、土日など何度利用しても全て無料でバス利用が可能となります。

【体験談を読む】

ブリスベン空港インターシップ・プログラムに参加された方々の貴重な体験談もご参考下さい。