茂木 美穂 さん

インターンシップ参加のきっかけを教えて下さい。

ネットでたまたま見つけました。

確か、jamsだったと思います。

インターンシップ先での具体的な仕事内容について教えて下さい。

ファッション会社だったので、商品の在庫管理、イベント出展に向けて商品のパッキング、商品のケア、書類整理など。

 

インターンシップで得たものはどんなことでしたでしょうか?

 

オーナーの方が直で教えてくださったので、プロとしての意識を学びました。また、ほかの国のインターン生もいたので、仕事と学業を必死でこなしている留学生を見て、とても刺激を受けました。

 

インターンシップでの印象的なできごとは?

 

オーストラリアと日本で働き方が全然違うことにびっくりしました。仕事はほとんど残業なく、時間になったら皆すぐに帰宅をしていました。(繁忙期以外)私生活を重視した働き方を目の当たりにして、とても印象的でした。

 

オーストラリアでのインターンシップは就職活動にどんな好影響を与えましたか?

私自身のお話ではないのですが、何人かの友人はインターンの後、日本に帰国して、外資系の企業に就職しました。カフェなどの仕事よりも実際にオフィスで働いていた経験が買われたのだと思います。

 

今後の展望、将来の夢をお聞かせ下さい。

 

現在、日本のPR会社で働いていますが、半年か一年おやすみを頂いて、海外のPR会社にインターンに行きたいと考えています。日本のPRは海外に比べて10年程遅れている事もあり、最先端のPRを学ぶ為、現在準備を整えています。

インターンシップを検討している方へのメッセージをお願いします。

 

ワーキングホリデーは決まった期間でしか滞在できませんが、何をするか、どんな人と出会うかでその期間が特別な年になります。楽しい事ばかりではありませんが、苦労の先にはきっと苦労以上に素晴らしいものを見ることができます。何事もまずは勇気を持って挑戦してみて下さい。きっと日本では味わえない素晴らしい経験が待っていると思います。