足立 陸 さん

 

Q:インターシップ参加を決意したきっかけは何ですか?

 

オーストラリアには大学を休学して英語を勉強しに来ました。その中で語学学校を卒業し、現地でアルバイトをしていたのですが何か物足りなさを感じ、新しいチャレンジをしてみたいと思い参加させて頂きました。具体的にはインターンやボランティアを探しており、特に日本語教師をやりたかったわけでも将来先生になりたいわけでもなかったのですが、英語の面も含めて自分に絶対プラスになると思い参加を決意しました。

 

Q:職場での具体的な仕事内容を教えてください。

 

オーストラリア人の日本語の先生が必ずいらっしゃるので、授業の中で自分はネイティヴスピーカーとして、リスニングの際のスピーカーをやったり、細かい発音やニュアンスの違いなどを先生と一緒に話ながら相談し、一緒に授業を進めていました。クラスによっては先生と僕とで分担をしたりして自分1人でクラスを見る場面もあり、とてもやりがいがありました。

 

Q:インターシップ体験で得たものはどんなことでしたか?

 

改めて先生という職業を肌で感じ、自分の目で見て体験できた事は本当に良かったです。自分が生徒だった頃の記憶が蘇ってきたり、どうやったら生徒のモチベーションを保ちどうやって信頼関係を築いていくかなど間近で目の当たりにして難しさを感じました。生徒を立派な大人に育てるために先生という職業は親の次に大事なんじゃないかなと思い、また嫌がられるのをわかっていながら怒る事の難しさを知りました。自分が学生時代に怒ってくれていた先生方は本当に凄いと感じ、今では感謝しています。

 

Q:インターシップでの印象的なできごとを教えてください。

 

個人的に休み時間は毎回グラウンドに出て子供たちに混ざってサッカーや鬼ごっこ、様々なことをして遊んでいました。色々な性格の子がいて、日本語の授業中の子たちとはまた違う一面が見れてとても楽しかったです。また学校ですれ違う生徒に「先生」と呼ばれて手を振ってもらったり、「こんにちは」としっかり挨拶してくれる生徒もいて本当に嬉しかったです。また自分の誕生日も祝ってもらったり、最後の日には全てのクラスから寄せ書きを貰って個人的に手紙をくれた生徒もいて本当にオーストラリアで1番の思い出になりました。

 

Q:今回の経験を就活にどのように活かせそうですか?

 

これまで先生になろうと思ったことはありませんでしたが、少し興味も出始めて、まだどうするかはわかりませんが、この経験を活かしてこれからも色々な事に挑戦していきたいと思います。

 

Q:ブリスベンでの生活はいかがでしたか?

 

ブリスベンはとにかく気候が最高で、オーストラリアでベストだと思います。町は大きくないですが、過ごしやすくみんなフレンドリーで温かいです。ゴールドコーストにも毎週末サーフィンしに行けるので自分にとっては最高でした。絶対にまた帰ってきます。笑

 

Q:今後の展望や将来の夢を教えてください。

 

今後はオーストラリアにいれる期間も半分を切ったので、今しかできない事、興味があること全てにチャレンジして後悔のないようにして日本に帰りたいです。将来はまだ具体的には分かりませんが、立派なカッコイイ大人になれるように頑張ります。

 

Q:これからインターシップを検討している方々へメッセージをお願いします。

 

せっかくのチャンスなので迷ったら何でも始めた方がいいと思います。僕はとにかくこの日本語教師にチャレンジしてみて本当に良かったのです。オーストラリア満喫できます!

ありがとうございました!!