R T さん

Q:インターシップ参加を決意したきっかけは何ですか?

 

転職を考えた際、未経験の業界でインターンをすることが自分にとってプラスになると思ったからです。

 

Q:職場での具体的な仕事内容を教えてください。

 

主な内容としては特定のポイントに立ち、または空港内を巡回しながら利用者を笑顔で迎え、困っていることがある方々をサポートすることです。道案内や航空会社への問い合わせ先の紹介、空港内の店やレストランの案内が多かったです。

 

Q:インターシップ体験で得たものはどんなことでしたか?

 

私はもちろんネイティブスピーカーではないので、話す英語は完璧ではないうえ、発音も正確ではないはずです。それでも利用者に通じる、理解してもらえるというのは私にとって大きな自信となりました。

 

Q:インターシップでの印象的なできごとを教えてください。

 

国内線ターミナルの休憩室からすぐそばに飛行機が止まっていて、滑走路も近くで見られたので圧巻でした。

 

Q:今回の経験を就活にどのように活かせそうですか?

 

普段あまり馴染みのない空港の内部を見られたことで、航空会社以外にも様々な企業が空港各所で機能していることを実感しました。職を探すときには、そのような空港や航空会社を支える企業も見ていきたいと思いました。

Q:ブリスベンでの生活はいかがでしたか?

 

インターンをしていた頃は冬でしたが、日本の本州でいうと春くらいの暖かさで過ごしやすかったです。交通網も発達していて生活に不自由はありませんでした。

Q:今後の展望や将来の夢を教えてください。

 

日本に戻って転職活動をするにあたり、今回の経験を生かして航空業界や英語に関わる仕事に挑戦したいです。

 

Q:これからインターシップを検討している方々へメッセージをお願いします。

 

ブリスベン空港でのインターンは言語、空港の仕組み、ブリスベンやその周辺地域のことを学ぶのに役立ちます。日本ではなかなか経験できないようなインターンだと思うので、新しいことにチャレンジしたい人にも向いているのかもしれません。