青柳 ひかる さん

 

Q:空港インターシップ参加を決意したきっかけは何ですか?

 

夢が空港で働くことであり、今回インターンシップのチャンスを通っている大学から頂いて、空港でインターンできるたった1つの場所がブリスベンで、海外の空港で働ける機会を逃したらいけないと思い決意しました。

 

Q:空港での具体的な仕事内容を教えてください。

 

主にインフォメーションセンターでの旅客案内やパンフレット補充

 

Q:今回のインターン体験で得たものはどんなことでしたか?

 

働くということは、自分のためでなく人のためであること。ただお金の為に働くのではなく相手に喜んでもらうために、どう行動するかを考えることが大いに出来た機会でした。また、他言語を通じて分かり合える良さ、仕事の楽しさも学びました。

 

Q:インターンでの印象的なできごとを教えてください。

 

様々な国からの人々と話し、自分が伝えたかったことを伝えられた時に感謝されたことはとても印象に残っています。他に、空港だけでなくCity観光も仕事の一貫として行かせて頂きました。ブリスベンのことについて良く知れて素晴らしい機会でした。

 

Q:ブリスベンでの生活はいかがでしたか?

 

気候が素晴らしくて、とても過ごしやすい場所でした。街の人々もホストファミリーも良い人ばかりで治安が良い場所でした。生活面では困らずに過ごすことができたと思います。

 

Q:今後の展望や将来の夢を教えてください。

 

将来は、ずっと憧れていたANA、JALのグランドスタッフとして活躍していきたいと考えております。今回、夢である仕事を実際に体験することが出来たので、とても活かしていけると思います。旅客の皆様を笑顔にできる沢山のことを提供していきたいです!この経験を忘れずに、夢に向かって頑張ります。

 

Q:これから空港インターシップを検討している方々へメッセージをお願いします。

 

空港インターンシップを考えてる皆様へ

 

空港で働けるということは滅多に出来ない貴重な体験だと思います。とくに海外の空港は、日本語ではなくて全て英語で旅客を案内し、接客していく仕事です。英語が話せないからといって自分には出来ないというようなネガティヴ精神を持たずに、英語も自分自身も成長できるラッキーな機会だと思って望んで欲しいと思います。実際私も成長できたので!少しでも考えてる方々は一歩踏み出して挑戦してほしいです!